AGA(薄毛)に悩んでいる男性は、多くいらっしゃいます。
しかし、AGAの症状や治療方法について、
詳しくご存知の方は多くないと思います。
まずはAGAの症状や特徴について理解し、
ご自身の症状と照らし合わせてみてください。
AGA治療では、ご自身の状態をしっかりと把握することが重要です。

Dクリニック新宿の受付イメージ

Dクリニックは、1999年の開院以来21年にわたってAGA治療を行ってきた、AGA治療専門クリニックです。Dクリニックは全国に4院あり、新宿が5院目となります。女性専門で名称の異なるクレアージュ東京を合わせますとさらに1院増えます。各院を合わせた患者さまの述べ人数は255万人以上になり、多くの患者さまに長年継続して受診いただいております。Dクリニックでは、皮膚科・形成外科・精神科など、あらゆる分野で経験を積んだ医師がこれまで積み重ねてきた臨床研究結果や症例をもとに、患者さまお一人おひとりに適した治療をご提供しております。Dクリニック新宿は、そんな各院の知識や治療方法を引き継いで新設されたクリニックになります。
※1999年7月~2020年12月のDクリニック、クレアージュの延べ患者様数

まずは、AGA(薄毛)について詳しくご説明いたします。
AGAの症状や特徴を理解し、
ご自身の薄毛の症状と照らし合わせてみてください。
2分程度の解説動画もございますので、
併せてご覧ください。

AGA(男性型脱毛症)の仕組み最適な治療法をご紹介

AGAの特徴・症状

AGAは「Androgenetic Alopecia」の頭文字をとった言葉で、男性型脱毛症のことを指します。AGAは進行性という特徴があり、治療をしなければ抜け毛がどんどん増えていきます。しかし言い換えると、治療をすることでAGAの進行を抑えることが可能ということです。治療方法が確立されていることも、AGAの特徴といえます。
また、AGAの特徴的な症状として、生え際が薄くなる「M型」や頭頂部が薄くなる「O型」、両方薄くなる「MO型」などのタイプに分けられます。

AGAの仕組み

AGAの発症には、男性ホルモンの「テストステロン」が関与しています。テストステロン自体は男性にとって欠かせない性ホルモンで、筋肉質な体を作る・しっかりとした骨格を形成するなどの働きがあります。しかし、テストステロンが還元酵素「5αリダクターゼ」と結合してしまうと、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化してしまうのです。ジヒドロテストステロンは、毛根に存在する「アンドロゲンレセプター」と結合し毛母細胞の働きを阻害してしまうため、髪の毛が成長しにくくなってしまいます。その結果、AGAを発症するのです。

AGAの仕組み

また、毛髪は「成長期→退行期→休止期」というヘアサイクルを一定の周期で繰り返します。
成長期:数年間かけて毛髪を太く長く成長させる
退行期:毛球が退化する
休止期:毛髪が抜ける
成長期は、2〜6年ほどかけて、毛髪を太く長く成長させます。AGAを発症すると、この成長期が数か月〜1年ほどと短くなってしまうため、毛髪が十分に成長する前に、抜け落ちてしまうのです。その結果、短く柔らかい毛髪が増え抜け毛が増加し、髪の毛が薄くなってしまいます。

AGAの進行パターン

AGAには9種類の進行パターンが存在します。このパターンを定義したのは、アメリカのハミルトン医師・ノーウッド医師の2名であるため、彼らの名前から「ハミルトン・ノーウッド分類」と名前がついています。AGAが最も進行すると最終的には7型のように後頭部・側頭部以外の毛髪が抜け落ちてしまいます。
Dクリニックの患者様の治療前の頭髪と、ご自身の頭髪の状態を見比べながら、AGAの症状がどの程度進行しているかを確認してみましょう。AGAは早期に治療を始めることで、より高い効果が見込まれます。ご自身の進行度をしっかりと把握し、早めにクリニックに相談するようにしましょう。

  • 1型

    薄毛は進行しておらず、正常の範囲です。

  • 2型

    前額部の生え際部分の髪が細くなり、地肌が透け始めた状態です。

    2型

  • 2V型

    前額部の生え際・頭頂部の髪が細くなり、髪が伸びにくくなり始めた状態です。

    2V型

  • 3型

    生え際の部分が、M字に後退してきた状態です。

    3型

  • 3V型

    生え際のM字部分が後退しており、頭頂部の軟毛化が始まった状態です。

    3V型

  • 4型

    前額部の生え際が後退しています。また、頭頂部がO型に軟毛化しており、頭頂部の地肌が透けて見える状態です。

    4型

  • 5型

    前額部〜頭頂部にかけての薄毛部位が繋がり、地肌の透けが目立つ状態です。

    5型

  • 6型

    前頭部〜頭頂部の薄毛部分が繋がり、頭皮がはっきりと露出した状態です。

    6型

  • 7型

    前頭部〜頭頂部にかけて、頭皮が広い範囲で露出し、後頭部と側頭部にだけ毛髪が残った状態です。

    7型

最近毛が多く抜けるようになった、
他の人から指摘を受けた等、
自分がAGAではないかと思うことがあれば、
まずは思い当たる原因がないか考えてみてください。
AGAの原因を知ることは、適切な治療を受ける上で大切な第一歩となります。

遺伝

AGAの原因の一つに、遺伝が挙げられます。AGAの発症に関係する「5αリダクターゼ」の発現度や「アンドロゲンレセプター」の感受性は、遺伝によって引き継がれると言われているのです。
AGAの「G」は「genetic=遺伝」という意味で、名称からもAGAによる薄毛症状は遺伝情報が大きく関わることがわかります。このような遺伝によるAGAの発症リスクは、「AGAリスク遺伝子検査」によって予測することが可能です。また、AGAリスク遺伝子検査では、効果的な治療薬を推測することもできるため、親族に薄毛の人がいる場合や、将来薄毛になるかもしれないと不安な方は、早めに検査を受けるのがよいでしょう。

生活習慣・ストレス

AGAは、遺伝だけではなくストレスや生活習慣も原因として挙げられます。髪の毛を丈夫に育てるには、適度な運動・バランスのよい食事・十分な睡眠などが必要不可欠です。また、喫煙や過度な飲酒は、髪の毛に必要な成分を損なう原因になるため、できるだけ控えたほうがよいでしょう。心身の健康に繋がる生活は、AGAを防ぐためにも重要な要素といえます。

AGAを発症したら、
一般的には薬で治療することが多いです。
しかし、AGAがそれほど進行していない場合には、
ご自身でできるAGA予防や対策が効果的です。

日常生活の中でも、AGAを予防することは可能です。生活習慣の改善・ストレス解消・食生活の見直し・適度な運動・十分な睡眠など、いつもの生活を少し見直すだけで、頭皮環境を健やかに保ちAGA改善に一歩近づくことができます。

正しいヘアケア

AGAの予防や対策には、ヘアケアを正しく行うことも重要です。頭皮環境を整えるためには、低刺激の「アミノ酸系」のシャンプーを使用しましょう。また、シャンプーは髪の毛ではなく、頭皮の汚れを落とすよう心がけてください。正しいシャンプー方法を身につけ、頭皮を清潔に保つことが大切です。

発毛剤や育毛剤は、ドラッグストアや薬局でも購入可能です。市販の発毛剤や育毛剤は、クリニックで処方されるものよりも比較的穏やかな効き目のため、処方されたAGA治療薬の補助としてご使用いただくとよいでしょう。内服薬を服用される場合、既往歴や飲み合わせによって体調に影響が出ないよう、医師の診察・処方を受けたものを服用してください。
Dクリニック新宿は、患者様にとってどの治療薬が効果的か、調査できる検査をご用意しております。より効率よく治療を進めたい患者様は「AGAリスク遺伝子検査」について、ご確認ください。

頭皮マッサージもAGAの予防に効果的だと考えられています。頭皮が凝り固まってしまうと血流が悪くなるため、髪の毛に十分な栄養が届きにくくなるのです。入浴中には血流が良くなるので、湯船に浸かって頭皮マッサージをするのがよいでしょう。
動画では、外用薬の「ミノキシジル」を使用してマッサージを行っています。外用薬を塗るだけ・マッサージをするだけよりも、外用薬とマッサージを併用することで相乗効果が見込まれます。

Dクリニック ヘアメディカルマッサージ(男性ver)ヘアメディカルが推奨するマッサージ(男性ver)の説明動画

Dクリニック新宿のAGA治療とは

AGA治療で最も大切なことは「早めにクリニックを受診すること」です。AGAは進行性のため、適切な治療を早く始めることでAGAの進行を抑制し、発毛促進をサポートできます。抜け毛が増えてきた、AGAかもしれないと悩んでいる方は、まずはDクリニック新宿までご相談ください。
いきなり医師の診察を受けるのが不安な方は、治療内容や費用・治療の効果についてスタッフがご説明する無料カウンセリングもご用意しております。その場で治療開始するか否かを決めていただく必要はございませんので、お気軽にご利用ください。

Dクリニックは、1999年の開院以来21年間AGA治療を行ってきた、AGA治療専門のクリニックです。全国のDクリニックの合計では述べ255万人以上の患者さまに向き合ってまいりました。当院は、これまで積み重ねてきた治療実績や研究結果に基づきAGA治療薬を調合しているため、様々な症状の患者さまに合わせた薬のご提供が可能です。
※1999年7月~2020年12月のDクリニック、クレアージュの延べ患者様数

2種類の治療方法イメージ

Dクリニック新宿は、2種類の治療方法をご用意しております。①「アドバンスト発毛治療」では積極的な発毛を目的としており、②「単剤処方治療」ではAGAの進行抑制を目的としております。現在のAGAの進行状況や患者さまの求める治療効果などを鑑み、医師から治療方法をご提案いたします。治療方法を決定していきましょう。

AGAの進行度に合わせた院内製剤の治療薬を処方

Dクリニック新宿は、院内に調剤室があるため独自に調合した治療薬を処方することができます。
広く使用されているAGA治療薬の有効成分をもとに、患者さまの様々なAGA症状・進行度に合う治療薬をお作りしています。薬の服用は必ずしも良い効果だけではなく、しばらく服用を続けても何の効果も見られない方や中には体調に良くない変化が現れる方もいらっしゃいます。同じ薬を服用しても人によって効果には差があります。当院は定期的に診察を行うことで、患者さまの体調の変化や、毛髪・頭皮に異常や何かしらの症状は現れていないか等を確認しています。きちんと体に合った治療薬を継続して服用いただくため、少しの変化にも気付けるよう努めております。

21年間で255万人のAGA(薄毛)に向き合い症例が豊富

Dクリニックは、1999年の開院から21年間で述べ255万人のAGA(薄毛)に悩む患者さまに向き合ってまいりました。これまで様々なAGA症状を改善してきた実績から、患者さま毎のAGAの進行度に合わせた治療方法のご提案が可能です。ご自身と同じようなAGA症状の方の症例や、治療の経過をもとに治療方針や治療効果を高めるセルフケアについて、アドバイスさせていただきます。当院は症例数が多いため、あらゆるパターンのAGA症状に対応可能です。

Dクリニック新宿の診察についてご説明します。
当院は、来院でもオンラインでも医師の診察を受けていただくことができます。オンラインの場合は、通院にかかる時間や費用が節約でき、他者と接する機会がなくなりますのでウイルスの感染リスクも回避することができます。処方薬はご希望の宛先まで配送いたします。6か月に一度血液検査が必要になりますが、こちらも配送が可能です。
当院では、AGA治療を検討し始めた方やクリニックについて詳しく知りたい方に向けて、無料のカウンセリングをご用意しております。スタッフが治療内容や治療の効果・費用に関して詳しくご説明いたしますので、お気軽にお申込みください。

Dクリニック新宿は、
発毛が目的の「アドバンスト発毛治療」と、
AGAの進行抑制が目的の
「単剤処方治療」の2種類をご用意しております。
それぞれの治療方法・料金について
詳しくご説明いたします。

アドバンスト発毛治療は、内服薬と外用薬を使用し、AGAの進行抑制だけでなく発毛効果も期待できる治療です。
Dクリニック新宿は、院内に調剤設備が整っているため、市販薬と異なる様々な濃度の治療薬を調剤することができます。患者さまによって様々な症状の違いに細かく対応出来るよう、多くの種類の治療薬をご用意しております。月に一度の問診では、頭部の写真を撮影し医師と患者さまとで、治療経過や効果を確認いたします。一定期間服用しても効果の見られない場合や体調に良くない変化が現れた場合など、医師が必要だと感じた際には都度治療薬の変更をご提案いたします。

※すべて税込です

初診費検査費

= 11,000円

初診費 (診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影) 5,500円
初診時血液検査 5,500円

※初診時血液検査は6か月ごとの再診時血液検査と検査項目が異なります

※すべて税込です

再診費薬代

= 16,500円~33,000円

以下、全て再診費込みです。再診費には、診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影が含まれます。

外用薬のみ 16,500円
内服薬のみ 27,500円
外用薬+内服薬 33,000円

※薬は1か月分です
※治療が始まりますと、月1回の通院となります
※初処方後、6か月に1回血液検査(3,300円)がございます。

単剤処方治療は、AGAの進行抑制が目的の治療です。主に内服薬を用いて治療を行います。
当院は、「プロペシア錠」「ザガーロカプセル」というAGA治療薬の有効成分をもとに院内の調剤室にて独自に治療薬を調合しております。そのため、患者様お一人おひとりの症状に適した治療薬の処方が可能です。

※すべて税込です

初診費薬代

= 13,200円~15,950円

内服薬 (1か月分) 13,200円~15,950円
※薬の種類によって費用が異なります。

※薬は1か月分です

※すべて税込です

診療費薬代

= 20,350円~25,850円

内服薬 (2か月分) 20,350円~25,850円
※薬の種類によって費用が異なります。

※薬は2か月分です。
治療が始まりますと2か月に1回の診察となります。

オプション検査

Dクリニック新宿は、AGA治療により高い効果をもたらすために、3つのオプション検査をご用意しております。

  • 01

    AGAリスク遺伝子検査20,900円(税込)

    AGAリスク遺伝子検査は、AGA発症の原因となる還元酵素「5αリダクターゼ」の発現度を調査する検査です。5αリダクターゼは、Ⅰ型・Ⅱ型の2種類があり、どちらの5αリダクターゼが多く存在しているかを確認できます。AGA治療薬は、5αリダクターゼⅡ型に作用するもの、Ⅰ型・Ⅱ型両方に作用するものがあるため、検査をお受けいただくことで、患者様にとって効果的な治療薬を知ることが期待できます。

  • 02

    アンドロゲンレセプター遺伝子検査20,900円(税込)

    アンドロゲンレセプター遺伝子検査は、AGAの発症に関係するアンドロゲンレセプター遺伝子の感受性の高さを調べる検査です。AGA治療の方針を決めるためにも、重要な役割を持つ検査といえます。

  • 03

    ミネラル検査11,000円(税込)

    ミネラル検査は、体の中のミネラルバランスを調査する検査で、不足もしくは取りすぎているミネラル成分が判明します。体内のミネラルバランスを整えることで、健康的な体作りができ、またAGAを改善するためにどのような生活習慣や食生活を心がけるべきかの判断に役立つので、AGA治療の効果にも繋がっていきます。

治療薬写真

Dクリニック新宿で処方しているAGA治療薬は、以下の薬の有効成分をもとに当院の調剤室で独自に調合したものになります。
医師による診察や患者さまのご希望・オプション検査の結果をもとに、患者さまに適した治療薬のご提案をさせていただきます。

当院では、こちらの薬をそのまま処方しているわけではございませんが、
効果・効能・副作用は同様です。

写真

髪の毛が薄くなってきたように感じる、自分はAGAなのではないかと、誰にも相談出来ずにお一人で悩みを抱えていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。AGA治療をするクリニックは増えているけれど、クリニックに行けばAGAは本当に改善されるのか、治療費用が高額になるのではないかと、クリニックを検討されている方はこのような不安があり、一歩を踏み出せずにいらっしゃるかもしれません。
Dクリニック新宿では、医師とスタッフが一丸となり患者さまのお悩みを親身になってお伺いし、一人ひとりに寄り添った治療を行うことを信条としております。一人で悩まれず、まずは当院までご相談ください。患者さまのお悩みを解消できるようサポートさせていただきます。

写真

当院は医師の診察は有料となりますが、スタッフによる無料のカウンセリングを別途ご用意しております。AGA治療の内容や治療費用・治療効果についての詳しいご説明やご相談があればお伺いいたします。お気軽にお申込みください。

AGAの治療効果はいつ頃感じられますか?
AGA治療の効果を実感するまでの期間には個人差があり、服用するAGA治療薬の種類によっても、効果を感じられる時期に違いがあります。
例えば、一般的によく知られるプロペシア錠やフィナステリド錠は、服用してから3か月〜6か月ほどで効果を実感される患者さまが多いです。それに対しザガーロカプセルは、服用から6か月〜1年ほどで、効果を感じられる患者さまが多いです。AGAは治療を継続することが大切なため、薬の服用を自己判断で中断せず、少なくとも6か月程度は治療を続けるようにしてください。
AGA治療を始めるのに適した年齢はありますか?

AGA治療を始めるのに、適した年齢はありません。しかし、薄毛が気になり始めたら早めに治療を受けるほうがよいでしょう。Dクリニック新宿には、20代の患者さまも多くいらっしゃいます。治療を開始する年齢として、遅すぎるということはありませんが、治療を早く始めることでより高い治療効果が期待できます。なお、AGA治療薬は未成年者に処方できないものもあるため、未成年の方はまずは保護者同伴の上、無料カウセリングにてご相談ください。

皮膚科などの一般的な病院とAGA(薄毛)治療専門クリニックは何が違いますか?
皮膚科を含む一般的な病院でも、AGA治療薬の処方は受けられます。しかし、皮膚科医はAGA(薄毛)治療を専門的に行っているわけではありません。そのため、患者様のAGA症状や細かいご希望などに合わせた治療が難しく、処方される治療薬の種類も多くはないでしょう。しっかりとAGAを治療していきたい患者様は、AGA治療専門クリニックを受診するようにしてください。
市販のシャンプーや育毛剤を使っても問題ありませんか?
市販で購入できるシャンプーや育毛剤は問題なくご使用いただけます。ただし、ご自身の頭皮環境を考慮した上でシャンプーや育毛剤を選びましょう。頭皮にとって刺激が強いシャンプーや育毛剤は頭皮環境を悪化させる原因となります。結果として抜け毛に繋がる可能性があるため、ご自身にあうシャンプーや育毛剤については医師にご相談いただくとよいでしょう。
セルフケアを続ければAGAは治るのですか?
セルフケアを継続することで、頭皮を健やかに保つことは可能です。しかし、直接AGAを治療できるわけではありません。AGAを改善して発毛を目指したい方は、AGA治療専門クリニックでご自身の症状に適した治療を受ける必要があります。クリニックで受ける治療とセルフケアを同時に行うことで、より高い治療効果が見込まれるでしょう。ただし、AGAは改善されることはあっても、治ることはありません。継続的な治療が必要となります。
AGA治療には保険が適用されますか?
AGA治療には保険が適用されません。そのため、全額自己負担となります。
Dクリニック新宿では、現金・クレジットカード(VISA・master・JCB・AMEX・ダイナース)で治療費用をお支払いいただけます。
AGA治療薬は通販で購入できますか?
AGA治療薬は医師の診断・処方が必要な薬ですが、個人輸入の通販サイトでも購入することができます。しかし、値段の安い治療薬は偽物の可能性があり、重篤な副作用が生じる危険性もあるため自己判断で購入するのはおすすめできません。安心してAGA治療を進めるためにも、医師の診察・処方を受けて正しくAGA治療薬を服用してください。
AGA以外の脱毛症の種類を教えてください。
AGA以外にも、脱毛症には様々な種類があります。
  • 粃糠(ひこう)性脱毛症

    粃糠(ひこう)性脱毛症では、乾燥したフケが毛穴を塞ぐことで毛髪の成長を妨げたり、頭皮の炎症を起こしたりして抜け毛が増えていきます。

    粃糠(ひこう)性脱毛症

  • ダイエットによる脱毛症

    ダイエットをすることで、髪の毛を形成するタンパク質が不足し抜け毛に繋がります。

  • 円形脱毛症

    円形脱毛症は、髪の毛が円形に抜ける脱毛症です。自己免疫機能が関係することがわかっています。円形脱毛症は、年齢・性別に関わらず誰にでも起こる可能性のある脱毛症です。10円ハゲと呼ばれることもあります。皮膚疾患の一つと考えられておりますので、皮膚科の受診をされるとよいでしょう。

    粃糠(ひこう)性脱毛症

  • 薬剤性脱毛症

    薬剤性脱毛症は、抗がん剤などの副作用が原因で起こる脱毛症です。抗がん剤は、細胞分裂が活発に行われている毛母細胞にも影響を及ぼすため、毛根が萎縮してしまい成長期の髪の毛が抜けてしまいます。

当日のご来院・ご予約につきましては、
お電話にてお問い合わせください。

お電話でのご予約・お問い合わせ 03-4335-7810

【水・木・金】 10:30~19:00/【土・日・祝】 9:30~18:00
(月・火 休診日) ※14:00〜15:00は休憩時間